はじめに

◆「胸キュン!GOMI拾いin English」とは?

胸キュン!GOMI拾いin Englishとは
❶ごみ拾い
交流
❸英会話
をツールとして、思いやりのココロを広める活動です。


現在…
尊重意識の重要性の高まり
グローバルにもローカルにも、人・社会・環境を思いやる行動や想像力を養うこと、皆で話し合い考えることの重要性がより高まっています。
子どもたちの学習環境不足
「胸キュン!GOMI拾い」が連携している
無料塾「ステップアップ塾」では、様々な事情により、学習環境に恵まれない子どもたちを支援しています。現状では子どもたちにとって実践的な英語力定着が困難であり、またコミュニケーション力を向上させる機会も得るのが難しい状況です。
交流の難しさ
異なる職・立場にある人との関わりや世代間交流の機会は、なかなか得ることができません。

こうした現状を変えるために、「胸キュン!GOMI拾いin English」は活動しています!

 

◆当イベントの特徴


「胸キュン!」
人や地球へのちょっとした思いやりの心を「胸キュン!」、思いやりのアクションをできる人を「胸キュ二スト」と呼んでいます。

ごみ拾い
思いやりの欠如の具現化とも言えるポイ捨てごみを、ゲーム形式で拾っていきます。

手をつなぐ
皆で共通の障害をのりこえることで、必然的に思いやる、周りの人の気持ちを考えることを目的に、チームで手をつなぎながらごみを拾います。

英会話
子どもたちが英語に楽しく触れられるよう、ゲームの中に初歩的な英会話を取り入れています。また、国際交流、様々な考えを共有する機会として、留学生や外国籍の方の参加も歓迎しています。

そして!「胸キュン!GOMI拾い」は、チーム対抗ごみ拾いゲームです!

4人の男女+1人の審判が1つのチームとなり、
・可燃ゴミ(×1pt)、不燃ゴミ(×1pt)、タバコゴミ(×10pt)の総量
・人や地球に対する思いやりのアクションポイント(×10pt)
・毎開催ごとに出題される英会話ミッション(200-300pt)
の合計ポイントを競います。
老若男女参加でき、一人での参加も大歓迎です!

運営団体がUNESCOに賛同するNPOのため、平和のアイコンとして参加者の手の長さの合計・地球1周40,075kmを目指していることも本イベントの特徴です。

楽しむコツと基本ルール

◆ 楽しむコツ

「胸キュン!GOMI拾い」は、キャプテン(審判)になった人が反則を(可能な限り)厳しく取り締まることでゲーム性が生まれ、楽しさと盛り上がり方が変わります。コミュニケーション能力に自信がある人はキャプテンに向いていますので、チームを大いに盛り上げてください!

◆ 基本ルール

  1. ゴミばさみを使えるのは、両端の2名だけとなります。他のメンバーはつないだ手で可燃・不燃・タバコゴミの袋を運びながら街中に落ちているゴミを探し、他のメンバーに伝えることでコミュニケーションを楽しみましょう。
  2. 手を離して良い時間は、5秒以内です。ゴミ袋にゴミを入れる際、メンバー同士の手が離れていることに気づいたキャプテンは、厳しく5秒のカウントダウン・コールをしてください。5秒以上手を離した場合、バイオレーションとして100ポイントが減点されます。
  3. 審判はチームの盛り上げ役であるとともに、チームの安全にも気を配ってください。夏場は水分補給を積極的に行いながら、他メンバーの体調に気を配ると「胸キュン!MVP」と豪華商品が狙えるかも!?
  4. 年齢に関わらず、参加者同士は積極的に褒め合いましょう。褒める合うことで、より良い雰囲気が醸成されます。
  5. チームメンバー同士で、積極的に英語を使っていきましょう。英語のフレーズや単語を一つ教えるのも思いやりのアクションポイントとして加算しています。

当日の流れ

◆ 到着から解散まで

  1. 軍手を持ち朝の9時半までに、イベント実施会場に到着する。
  2. 手の長さを測り、受付を済ませてからビブスを受け取る。
  3. チーム決定後は、積極的に他メンバーとコミュニケーションを図る。
  4. 司会「胸キュン!ガイド」の指示に従い、作戦を考えてからゴミ拾いへ出発。
  5. クイズの答えを考えながら、1時間以内にゴールに戻る。
  6. チーム写真撮影後はゴミ量を計測し、参加者同士でコミュニケーションを図る。
  7. 閉会式後のランチ参加(有料)は任意。

 

 

今後の予定

毎奇数月第 2 土曜 @新宿御苑 大木戸門

小雨決行
ゲーム終了後、新宿御苑に無料でご入場頂けます。

実施日@
2019年
・7月13日(土)9:00-11:30
・9月14日(土)9:00-11:30
・11 月9日(土)9:00-11:30

参加申込